banner

宅地相続額の減額方法

宅地の相続税額を減らす方法とは

土地を相続した時は、被相続人が亡くなった翌日から10か月以内に申告や納付を行う必要があります。相続したものが居住している宅地である場合には、相続税の支払いの為に相続した土地を売却する訳にもいかないものです。その為には出来る事なら相続税の金額を少なく抑えたいと思うのではないでしょうか。

相続税の節税対策として「小規模宅地等の特例」というものがあるようです。これは被相続人が生前に所有していた土地の評価を大幅に減額して貰う為の特例による措置という事です。特例の適用は宅地全てにとはいかないようで、自宅用として使われている土地を初め、事業用や貸付用として使われている土地に限定をされているという事です。

一般の家庭において最も関係が深く節税をしたい土地とは、やはり自宅用の土地です。具体的な節税とは税額を直接減額するのではなく、土地の評価を大幅に減らす事によって、相続税を減額するものです。その基準は現行の特例では240㎡まで、平成27年からは330㎡までと変わりますが、土地の評価を80%減額してくれるので、相続税を大きく節約する事が出来ます。

この特例は前述の3つの使用方法ならば誰でも適用するかと言えば、適応される人も限定をされているようです。まず被相続人の配偶者の場合は無条件で適用されます。配偶者以外の同居中の親族に関しては、相続税申告の期限10カ月以内に土地を売却することなく、相続する土地を所有して居住を継続した場合にも特例が適用されるようです。

そしてそのどちらにも適応しない親族の相続に関しては、特例の適応がされる為の条件は、被相続人に配偶者や同居親族がいない場合となります。そして相続の日から遡って3年以内に自己所有の住宅を所有していない事も条件となっていますが、相続税の申告期限までにその土地を所有して継続的に居住した場合にも特例が適用されるという事です。その場合にも申告期限内に相続した土地を売却した場合は特例適応対象外となるので、注意が必要という事です。

住居用の土地であっても二世帯住宅については、相続する側の分に関しては特例が適用されますが、土地の評価額が半額に対して特例が適用されるだけに留まる事を知っておく必要もあるでしょう。二世帯住宅で特例を受ける為には、居住を継続している事が条件になる為、家族全員で転居する事で適用外となってしまうので、家族の内の誰か一人でも居住を継続している事が必要となります。転勤などで転居の必要が生じた場合でも、単身赴任などで対応する事がお勧めと言えるでしょう。

 

Copyright(c) 2014 相続の税率の推移とは? All Rights Reserved.